千葉のデリヘルはAV女優パラダイス

千葉のデリヘルで手馴れた女性はアダルトビデオに出演している可能性もかなり高いと言われています。

*

市原のデリヘルならAV女優にお相手してもらえる

市原などでもAV女優がデリヘルで働いていることが話題になったのはもはや遠い昔。流行り廃りは常に川の流れのごとく、次から次へと押し寄せてくるものですよね。
その頃、彼女たちとプレイするのはデリヘルユーザーのささやかな夢の一つでもあった。毎日のように見続けて、長年お世話になった憧れの女優ちゃんと、とうとう明日は直に肌を合わせられる、なんてことになったら前の晩などは興奮しすぎて眠れないくらい。いわば遠足の前の日の坊や状態なのです。
粗相があってはイカンと何回もシャワーを浴びてみたり、血が出るまで歯を磨いてみたりw 景気付けに彼女のAVを見てから行くのがいいのか、それともオナ禁をしてザーメンをいっぱい溜めていったほうが喜ばれるのか、などいろいろとやきもきしたものである。また、サインをもらうため、出演した全作のDVDをもって遊びに行った剛の者もいたとかいないとか。結局その後、プレイそっちのけで彼女にサインを求め、帰りの電車で己の過ちを悔い、涙したという。…合掌w
時は過ぎ、現在は、中小を含めたAVメーカーの増加、またAVジャンル自体の異常な細分化などから女優の数が爆発的に増え、1店舗に1人や2人いても珍しくない時代になってきた。しかも以前と違い「AVギャル=出勤率が低い」というプレミアム出勤形態ではなく、定期的にちゃんと市原のお店にでてくれる「デリヘルを本業としているAV嬢」なんてコもいるのだとか。「AVにでてたプレイをそのコ相手に再現してみる」なんて贅沢ももはや我々庶民の手の届くところに降りてきたのだ。AVファンにはなんとも嬉しい限りだが、ではなぜそんな現象が起こっているのだろうか。今回の企画はこの「デリヘルに在籍するAVギャル」に焦点を当ててみることにする。市原のデリヘルにAVギャルが在籍し始めたばかりのプレミアぶりから「なぜ増えたのか」「どう遊ぶのがいいのか」など要点をまとめたコラムでお届けしたいと思う。
AVファン、デリヘルファンは両方とも座して読んでいただきたい。そしてお気に入りだったあのコを探す旅に出てみよう! これは市原でも新しいデリヘルの楽しみ方の一つでもあるのではないでしょうか。
そんな新たな楽しみ方を抑えつつ、全国的にも広がりをみせつつある有名なAV嬢と遊ぶことが可能になった店ですが、いかんせん見つけるのが難しかったり予約を取ることが難しいというのが現状。単体女優なんかになるとなおさら、その人気と一目見たいというファンが店に押し寄せるものだ。
そんなことを懸念してか、本業である撮影の方が忙しいせいなのか、実際にはなかなかお目にかかることができる確率は低いかもしれない。そもそも現役で活躍している場合、在籍自体を客にはわからないようにして内緒で働いているという女性もいるものです。
なぜ我々のように健全な男性はこのように『AV女優在籍』という言葉に弱いのだろうか。
まず一つあげられる事といえばその見た目であるはずだ。市原のデリヘルに在籍している女性は美しい子がとても多い、しかし男というものはミーハーでやはりDVDやブラウン管を通して見ていた人、知名度のある女性とあわよくば…とどうしても考えてしまうものだ。そして何より女優それぞれに特徴はあるものの下手に当たるかハズレかわからないくじを引くよりは確実路線で理想の女性に会えるというところではないでしょうか。エリアでも店の設定などでも違いはあれど、他の知らない女の子と遊ぶのとほぼ変わらない料金で遊べる(指名料は発生しますが)となれば一食の食事を我慢してでも拝見したいものである。
とはいえ、本業である撮影がある以上休みが多く出勤もなかなか確定しないというところもまた焦らされる感じがあり勝手に色々な妄想までできてしまう。(笑)しかしそんな多忙なスケジュールを縫ってでも一度くらいはお手合わせ願いたいものである。むしろ予約が取れたらその時点でかなりラッキーなのかもしれないというレベル。
あの作品で見たあのプレイ!そしてあの子が目の前にいる!僕のテクで感じてくれるんだ!というだけでテンションはMAX!!
他のファンにも自慢すらしたくなります。後々メディアやバラエティ番組なんかに出演した時には、この子とプレイしたことあるぜ!と一人歓喜のあまりに涙を流してしまうかもしれません。そんな体験ができるかもしれないとなれば、血眼になって探してしまいますよね。
もしもそんな時に便利なツールがあるのならば、使わない手はありません。かなりの時間と経費を費やして利用する人生をかけているともいえるほどの趣味ですから、できればさくっと探してしまいたいと考える人は多いはずです。
AV女優もグラドルも市原のデリヘルで簡単に見つけることができるとなれば願ったり叶ったりです。
近年では日本のみならず、海外でもかなりの知名度を獲得している日本のポルノに出演する女優と実際に本物を目の前にしてプレイができるとなれば生きているうちに一度くらいは経験しておきたいものだ。
また、男だけでなく同性の女性からも支持をうけ、ファン層もかなり厚くなってきているのも現状あげることができる。
例えば、市原のデリヘルで働くことのきっかけになったのが『女優さんのムービーを見て』という子もいる。しかしメディアへの露出はさすがに難しいものがあるため、実際に男性を相手にして客を喜ばせることができる仕事として成り立つ。少なからず後ろめたさを感じてしまうことや、他人にバレたくないというちょっとした恐怖心からやはりバレる恐れの低いデリヘルへと向かっていくのである。
また風俗業界で働く女の子たちからも見ることができるのが、やはり源氏名だろう。
好きな単体女優やタレント、グラビアアイドルの芸名からもらって自分の源氏名にするという子はかなり多い。それだけ憧れの象徴として女性からも観られているということに納得してしまう。たいていの場合、苗字はつかないため下の名前だけもらうという子もいるが、場合によっては別々の女優から苗字と名前をもらい合体させるなんていう子もいるほどだ。
それだけ女性からも出演作品の演技を認められているということにもつながる。
市原でもデリヘル業界で働くにあたり、AVをみて勉強するという熱心な子もいる。インターネットで気軽に視聴できたり無料のムービーを見ることができるため女優でなくとも女の子たちのクオリティーが上がってきているということの背景にはこうしたものもあると考えられるのです。
ある女優は作品の中で演技するのではなく、あくまでもパフォーマンスだと主張していることもあり、仕事でもデリヘル嬢になりきってパフォーマンスに熱中するようにしているという子もいる。もちろん、本番行為は禁止なだけになおさらパフォーマンスと称することの方がしっくりとくる、と感じてしまうものだ。
ネガディブなイメージの強かったアダルトビデオも男女ともに気軽に見ることができるようになったことや、出演する女優のルックス的なレベルの高さなど様々な要因がかさなり現在のようなAV業界の活気が溢れている状態になっているのだと実感出来る。どれもこれも、まだ生身の女性の体に触れたこともなかったあの頃に出会えた、1本のアダルトビデオのおかげで今があると言っても過言ではないのだ。それだけに、自分はAVに対する思い入れがとても強いのかもしれない。

公開日:
最終更新日:2016/11/12